So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 61話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 61話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 61話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション 61 切なる願い 2011年12月12日(月) の放送内容

カーネーション11週は 切なる願い
何を切に願うのでしょう。 夫の無事、出産、育児、商売、願うことはたくさんありそうです。

そういえば、先週の最後、父の善作(小林薫)に大変なことがおこるという場面で終わりました。
火事だったのです。
乳房 [VHS] 小林薫 及川麻衣 竹中直人 戸川純:楽オク中古品
糸子(尾野真千子)は身重の体もかえりみず火事から善作(小林薫)を救い、病院に運ぶ。
善作は一命を取りとめ、ほっとする糸子。

火事の家の後片付けと父の看病の混乱の中で、
糸子は三女を産むことに。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 61話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。