So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 63話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 63話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 63話 あらすじ]

NHK  カーネーション 63話 切なる願い 2011年12月14日(水) の放送内容

祖母・貞子(十朱幸代)のモンペは、最高級の大島の着物から作ったもの。
さすが大金持ちのおばあさんのもんぺです。
もんぺ 女性用 裏地がフリースで暖かい モンペ 女性用 あったかモンペで節電を もんぺ フリース...

確かに“モンペでも女性がオシャレをしたい気持ちは同じだ”と、糸子(尾野真千子)は気付く。

そして、一張羅からモンペを作り、着物に戻せる作り方を考える。
本当に糸子はアイデアウーマンです。ここが普通の人と違うのですね。

縫い子たちと研究を重ね、モンペ作りの教室を開いたところ、最初の客はサエ(黒谷友香)。
サエはダンスホールの踊り子で、勘助が昔入れあげた女性です。
良いお客になってくれています。
サエ役・黒谷友香の作品

サエをはじめ女たちは、鮮やかな着物に大胆にハサミを入れてモンペを作り、
オハラ洋装店はにぎやかさに包まれる。

いつの時代も女は強いですねえ。

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,宝田明,十朱幸代,正司照枝,黒谷友香,柳生みゆ,玄覺悠子
原作・脚本作渡辺あや
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 63話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。