So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 65話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 65話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 65話 あらすじ]

NHK カーネーション 65話 「切なる願い」 2011年12月16日(金) の放送内容

弓削智久/須賀貴匡/バカは2回海を渡る

糸子(尾野真千子)は、八重子(田丸麻紀)に頼まれ、泰蔵(須賀貴匡)の出征の日見送りに向かいます。

善作(小林薫)はまだやけどが完治していないのに、自ら歩いていくと言い張るのです。
がんこはいつになっても変わらないのですね。

やけどに驚く泰蔵に、善作は正直に、自分で出した火事だと告げます。
泰蔵のために万歳を叫んだ善作は倒れてしまうのです。

介抱しようと善作にかけ寄った糸子は、奈津(栗山千明)が物陰にたたずんで、泰蔵を見送る姿を目にします。
奈津はまだ泰蔵が好きなのですね。

善作は見送り以来、いっそう弱ってしまうのですが、糸子は絶対に治すと誓い、看病と仕事と子育てに頑張ります。

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,栗山千明,須賀貴匡,甲本雅裕,正司照枝,田丸麻紀,上杉祥三,柳生みゆ,玄覺悠子
原作・脚本作渡辺あや

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 65話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。