So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 66話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 66話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 66話 あらすじ]

NHK カーネーション 66話 「切なる願い」 あらすじ 2011年12月17日(土)放送

父の善作(小林薫)はようやく回復してきたが無理をしないかと、糸子(尾野真千子)ははらはらしています。

そこへ善作の友人で電器屋の木岡(上杉祥三)が石川県の温泉旅行を持ちかけて来ます。

★石川 人気温泉旅館・ホテルランキング(楽天トラベル) はこちら★

糸子や千代(麻生祐未)は心配するが、善作は旅行を楽しみにしているので、しかたありません。
しぶしぶ糸子は国民服を新調し、酒を持たせて送り出します。

その夜、糸子が帳簿を見ていると、善作が書いたらしい「店主・小原糸子」の字を見つけ、感無量になります。
そこへ、善作危篤の電報が届くのです。

★善作は大丈夫でしょうか。心配です。
あの頑固おやじがいなくなったら、さびしいですよー。

善作達はどの旅館に泊まったのでしょうか。

石川 人気温泉旅館・ホテルランキング1位の旅館はこちら↓


出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,甲本雅裕,正司照枝,上杉祥三,柳生みゆ,玄覺悠子
原作・脚本作渡辺あや


朝ドラ カーネーション 66話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。