So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 11週 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 11週 あらすじまとめ [朝ドラ カーネーション 11週 あらすじ]

NHK カーネーション11週「切なる願い」2011年12月12日(月)から12月17日までのあらすじまとめ
部屋着や作業着には最適です!!★アウトレット品!★ワケ有もんぺ★サイズが選べる5点セット★...
月曜日
糸子(尾野真千子)は身重の体もかえりみず火事から善作(小林薫)を救い、病院に運び込みます。
善作は一命を取りとめるが,家の後片付けと看病の混乱の中で、糸子は無事に三女を産みます。

火曜日
糸子(尾野真千子)は善作(小林薫)の看病もあって忙しい日々をすごしている。
そこへ、祖父の清三郎(宝田明)夫婦が見舞いに来て三女を聡子と名づけます。
糸子の目は貞子(十朱幸代)がはいているもんぺに惹きつけられ、ステキなもんぺを考えます。

水曜日
糸子(尾野真千子)はおしゃれなでけでなく、元の着物に戻せる作り方を研究し、もんぺ教室を開きます。
現れたのはサエ(黒谷友香)らで、大胆に上等な着物にハサミを入れて、華やかなもんぺができます。

木曜日
ある日もんぺ教室に八重子(田丸麻紀)が現れ、戸惑っている糸子(尾野真千子)に泰蔵(須賀貴匡)の出征
の見送りにくるように頼みます。

金曜日
糸子(尾野真千子)と善作(小林薫)は泰蔵(須賀貴匡)の出征の見送りに行く。
善作は万歳を叫ぶが、倒れてしまう。そのとき糸子は奈津(栗山千明)が物陰から泰蔵(須賀貴匡)を見送るのを目撃する。 善作を絶対に治すと糸子は誓い、仕事と子育てをしながら看病に精を出す。

須賀貴匡と栗山千明が一緒に出演している作品

土曜日
回復してきた善作(小林薫)は、仲間たちと温泉旅行に行くことになり、糸子は心配しつつも国民服を新調してやり送りだしますが、その夜善作危篤の電報が届くのです。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 11週 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。