So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 71話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 71話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 71話 あらすじ]

NHK カーネーション 71話「薄れゆく希望」 2011年12月23日(金)のあらすじ

安岡髪結い店はパーマ機を供出して閉店します。 ぜいたくは敵だからと、大日本婦人会の澤田(三島ゆり子)に供出を強要されたのかしら。

なので、八重子(田丸麻紀)がオハラ洋装店で働くようになります。 センスの良い八重子さんだから、洋裁には向いているでしょう。糸子も助かると思います。
【全国送料無料】ダイエットサプリ 田丸麻紀さん大絶賛!実際に使用され凄さを体験!/ボディレ...

ある日突然、、糸子(尾野真千子)は奈津(栗山千明)から呼び出され、吉田屋を購入しないかと言われ驚きます。 それは驚くことでしょう。奈津は莫大な借金を抱えていたのです。

相変わらず強気の奈津は決して頭を下げようとはしないのですが、糸子はその借金の額に驚がくします。

夫・吉田康夫(真鍋拓)に逃げられ病身の母を抱え、奈津が苦境にあることを八重子から聞き、糸子は助けようと奔走します。なんとかなるのでしょうか。

せめて奈津を雇おうとする糸子だが、既に遅かったのです。
奈津はどうなってしまうのでしょう。ちょっとかわいそう。

出演者
尾野真千子,麻生祐未,栗山千明,田丸麻紀,三島ゆり子,柳生みゆ,玄覺悠子 
原作・脚本作渡辺あや

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 71話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。