So-net無料ブログ作成
検索選択
大河ドラマ 平清盛 1話 あらすじ ブログトップ

大河ドラマ 平清盛 1話 あらすじ [大河ドラマ 平清盛 1話 あらすじ]

大河ドラマ 平清盛(1)「ふたりの父」2012年1月8日(日) 20時00分~21時15分 の放送あらすじ

初回は74分拡大版。平安末期の京、朝廷の番犬と蔑まれる武士・平忠盛が、清盛の実の父白河法皇から清盛をひきとり、育てることを決意するまでの過程を描きます。

1118年京都。300年の平安を誇った貴族の世も乱れ、武家・平氏の嫡男である平忠盛(中井貴一)も、
朝廷の命令のまま盗賊などの捕縛を行う汚れ仕事を行っていました。そんなある日、忠盛は物乞い姿のひとりの女と出会います。

その女・舞子(吹石一恵)は、院の御所に出入りする白拍子で、時の最高権力者・白河法皇(伊東四朗)の子を身ごもっていたのです。

不吉な子として殺されることを恐れ、逃げてきた舞子を、忠盛は、追っ手の源氏方の武士・源為義(小日向文世)の追求を逃れ、自らのもとにかくまいます。

忠盛の家の納屋で、舞子は赤ん坊を産み落とし、その赤ん坊こそがのちの平清盛でした。
人を斬ることに疲れていた忠盛と舞子は、やがて心を通い合わせるようになります。

出演
松山ケンイチ,中井貴一,和久井映見,吹石一恵,松田聖子,豊原功補,佐戸井けん太,三上博史,檀れい,りょう,杏,中村敦夫,
小日向文世,中村梅雀,國村隼,伊東四朗,岡田将生

原作・脚本 藤本有紀   朝ドラ 大河ドラマ キャストへ



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
大河ドラマ 平清盛 1話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。