So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 80話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 80話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 80話 あらすじ]

NHK テレビ小説 カーネーション(80)「愛する力」2012年1月9日(月)放送 あらすじ

昭和20年暮れに、糸子(尾野真千子)は八重子(田丸麻紀)にパーマをあててもらい、改めて頑張ろうと思います。 八重子は実家に帰らなかったのです。

大みそかには、来年はよい年になるようにと祈り、昭和21年の年が明けます。
まだ生地は不足ながらも、洋裁の仕事が忙しくなってきたある日、勝(駿河太郎)と同じ部隊に属していた復員兵が糸子を訪ねてきます。

糸子の脳裏に勝の思い出がよみがえります。
勝が常に身に付けていたと渡されたのは、勝と糸子、娘たちの家族写真でした。たまに浮気はしても、やはり
一番大切なのは、家族なのです。

糸子のモデル小篠綾子さんだんじり魂↓↓

出演者
尾野真千子,麻生祐未,濱田マリ,甲本雅裕,正司照枝,田丸麻紀,上杉祥三,柳生みゆ,玄覺悠子,二宮星
原作・脚本 渡辺あや

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 80話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。