So-net無料ブログ作成
検索選択
大河ドラマ 平清盛 2話 あらすじ ブログトップ

大河ドラマ 平清盛 2話 あらすじ [大河ドラマ 平清盛 2話 あらすじ]

大河ドラマ 平清盛 2話 1月15日放送分の あらすじ
いよいよ平清盛役の松山ケンイチが出てきますね。

松本ケンイチの作品↓↓


平太(松山ケンイチ)は実父が白河法皇(伊東四朗)であることを知り、自分の存在に疑問を感じるようになります。
人々から“無頼の高平太”と呼ばれるような、すさんだ生活を送るようになっていきました。
高平太とはどういう意味なのでしょうか。

それでも忠盛(中井貴一)はあくまで平太を嫡男として育てるので、事有るごとに弟の忠正(豊原功補)と対立することになります。忠盛は清盛の才能というか力を見抜いていたのでしょうか。
しかし、最初からブレない、忠盛には感心します。自分の子供でもないのに本当に立派です。

やがて平太は元服し、清盛と名を改めます。

そんな中、白河法皇が出した殺生禁断令に背いたとして、清盛が兄弟のように慕う瀬戸内海の漁師・鱸丸(上川隆也)の父・滝次(河原崎建三)が捕らえられてしまいます。
殺生禁断令とはどんな命令なのでしょう。

滝次の解放を求め、単身、御所に乗り込んだ清盛は、実の父と初めて対面することに・・・。


朝ドラ 大河ドラマ キャストへ
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
大河ドラマ 平清盛 2話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。