So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ 梅ちゃん先生  あらすじ ブログトップ

梅ちゃん先生 収録終了 [朝ドラ 梅ちゃん先生  あらすじ]

2012年8月24日(金)、NHK連続テレビ小説 梅ちゃん先生の収録が終了したそうです。

東京渋谷のNHK局で夫役松坂桃李と行ったクランクアップ会見で、ヒロイン堀北真希は
「長かったような、短かったような充実した10カ月でした。多くの人に見て、応援してもらい、力になりました」
とあいさつ。

「梅ちゃん先生」は4月の初回から8月23日まで、関東地区の期間平均視聴率(ビデオリサーチ調べ)が
20・6%(関西18・5%)と好調を維持しているとのこと。

★私も毎日欠かさず見ています。最後はどうなるのでしょうね。
多分、平和に終わるのだと思いますが。
もうひと月で終わってしまうのはさびしいです。

朝ドラ 大河ドラマ キャストトップへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじトップへ
ドラマ先取り日記トップへ
ニュース何でもトップへ



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

梅ちゃん先生 8月27日 127話 あらすじ [朝ドラ 梅ちゃん先生  あらすじ]

NHK 梅ちゃん先生 22週 127話 あらすじ 「意地の上塗り」2012年8月27日(月)

下村家では、久しぶりに松子(ミムラ)らも集まって、食事をすることになります。
そこに竹夫(小出恵介)も、静子(木村文乃)を連れてやってきて、宴もたけなわの頃に、
話題が仕事の話になります。

建造(高橋克実)が、「物つくり」に携わる加藤(大沢健)や信郎(松坂桃李)は立派
だが、竹夫の仕事は「物を右から左へ流すだけだ」と言った一言から、ふたりの仲は険悪になってしまうのです。

梅子(堀北真希)は何とか、とりなそうとするのですが、どうなることやら。
お父さんはどうも周りがの空気が読めないというか、余計なことを言いますね。

なつかしいNHK朝ドラはいかが↓↓★なつかしいNHK朝の連続テレビ小説はこちら>>楽天市場へ

出演者:堀北真希,高橋克実,南果歩,ミムラ,小出恵介,倍賞美津子,片岡鶴太郎,松坂桃李,岩崎ひろみ,大沢健,滝藤賢一,木村文乃,銀粉蝶,
語り:林家正蔵 原作・脚本:尾崎将也
【週4日以上】のアルバイトなら、バイトリッチ
朝ドラ 大河ドラマ キャストトップへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじトップへ
ドラマ先取り日記トップへ
ニュース何でもトップへ
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ 梅ちゃん先生 106話 あらすじ 8月2日 [朝ドラ 梅ちゃん先生  あらすじ]

NHK 梅ちゃん先生 18週 106話 あらすじ 「大切な人」2012年8月2日(木)

ある日、竹夫(小出恵介)のもとに陽造(鶴見辰吾)が訪ねてきます。

陽造がマネージメントしているタレントが、ある大きな歌謡ショーに前座で出演するので、チケットを買ってほしいということです。

竹夫はチケットを買い、梅子(堀北真希)や姉・松子(ミムラ)にもチケットを買うのを勧めるため、下村家を訪ねます。

しかし、だんだん話がそれて梅子の結婚話になります。無理もないですね。お見合いをしたばかりですから。

梅子の見合い相手の浩介役・中林大樹の作品↓↓


すると松子があることを言いだします。
あることって何でしょう。さっぱり見当がつきません。

『看護師プロ!』が理想の転職実現します



出演者:堀北真希,高橋克実,南果歩,ミムラ,小出恵介,倍賞美津子,鶴見辰吾,松坂桃李,徳永えり,銀粉蝶,木村文乃,
語り:林家正蔵  原作・脚本:尾崎将也
朝ドラ 大河ドラマ キャストトップへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじトップへ
ドラマ先取り日記トップへ
ニュース何でもトップへ
ブログ元気元気トップへ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ 梅ちゃん先生 30話 あらすじ 5月5日 [朝ドラ 梅ちゃん先生  あらすじ]

NHK 梅ちゃん先生 30話 あらすじ 「もつべきものは、友」2012年5月5日(土)

梅子(堀北真希)は再試験に向けて、両親、こともあろうに父・建造(高橋克実)にまで頑張るように言われます。親としてはあんなに努力して、せっかく入学した医専ですから、無事に医者になってもらいたいのは当然ですからね。

それなのに梅子は、再婚プロポーズを断るという友人の典子(西原亜希)のことが気になって、しかたがないのです。そんな場合じゃないでしょうに。
その様子を見て他の友人達の弥生(徳永えり)達から、今は再試験に専念するべきと説得されます。
典子役・西原亜希の作品↓↓

そうして受けた再試験最後の日。
梅子は、「結婚なんてできるわけがない」という典子の言葉が気にかかり、試験会場を飛び出してしまうのです。

えーっ、何と言うことなんでしょう。落第しちゃったらどうするの。
その日が、典子が再婚話を断る日なのかしら。自分のことでもないのに、なんてことでしょう。
でも、何とかなるのですよね。医者になるのだから。

出演者:堀北真希,高橋克実,南果歩,ミムラ,倍賞美津子,岩崎ひろみ,徳永えり,黒川智花,西原亜希,白鳥久美子,語り:林家正蔵  原作・脚本:尾崎将也
朝ドラ 大河ドラマ キャストトップへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじトップへ
ドラマ先取り日記トップへ
ニュース何でもトップへ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ 梅ちゃん先生 1週 あらすじ 4月2日 [朝ドラ 梅ちゃん先生  あらすじ]

NHK 連続テレビ小説 梅ちゃん先生 1週 あらすじ 4月2日~(第1週)

『月』1945年(昭和20年)8月、東京・蒲田は、空襲で焼け野原となった後、16歳の梅子(堀北真希)は医師である父・建造(高橋克実)らとバラックで暮らしていましたが、動員先の軍需工場で終戦を知ります。

『火』梅子は優秀な姉・松子(ミムラ)、兄・竹夫(小出恵介)と比較し、何をしたらいいのか悩んでいたとき、やさしい声を掛けたのが松子の婚約者・智司(成宮寛貴)でした。

『水』梅子は、隣の家に泥棒に入った戦災孤児のヒロシ(細田龍之介)をかわいそうに思い自宅に招くのですが、ヒロシは心を開かず出て行ってしまいます。

『木』蒲田駅前には市場ができ、にぎわっていました。それを見た梅子はヒロシに靴磨きをやらせようと思い付き道具をそろえます。そんな中、松子の元に戦地に行った智司からのハガキが届きます。

『金』靴磨きを始めたヒロシと心を通わせるようになった梅子の元に、ある日、古道具店の主人・山辺(モト冬樹)が訪ねてきます。どんな関係なのでしょう。

『土』ヒロシが泥棒をしたとのうわさを信じられない梅子は捜しに出掛け、高熱で倒れている彼を見つけ出します。ヒロシを家に運んだ梅子は、父・建造の懸命な治療を目の当たりにして、医師になることを決意するにいたります。

朝ドラ 大河ドラマ キャストトップへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじトップへ
ドラマ先取り日記トップへ
ニュース何でもトップへ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ 梅ちゃん先生  あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。