So-net無料ブログ作成
平清盛  あらすじ  ブログトップ

平清盛 14話 あらすじ 4月8日 [平清盛  あらすじ ]

NHK 大河ドラマ 平清盛 14話 あらすじ 「家盛決起」
 2012年4月8日(日) 20時00分~20時45分

検非違使庁から戻った清盛(松山ケンイチ)を待っていたのは、弟・家盛(大東駿介)の反逆ののろし
でした。“祇園事件で世を騒がせた清盛を嫡男とは認めない”と家盛は決起するのです。

清盛は、その言葉をはねつけますが、怒りが収まらぬ比叡山の圧力で清盛の謹慎状態は続き、家盛
が代わりに賀茂の祭りで見事な舞を披露します。
弟・家盛役=大東駿介の作品↓↓

その家盛に目をつけたのは、藤原頼長(山本耕史)です。
家盛に接近し籠絡することで、平氏の武力と財力を我が物にしようとするのです。
頼長は、従四位下に昇進した家盛に接近し、兄を蹴落とすようそそのかします。
策略とは知らず、家盛は頼長の思うがままになってしまいます。

一方、清盛と頼長を警護する義朝(玉木宏)の前に、美しい少女・常盤(武井咲)が現れます。

出演者
松山ケンイチ,中井貴一,中村梅雀,和久井映見,玉木宏,深田恭子,豊原功補,森田剛,大東駿介,
三上博史,山本耕史,田中麗奈,武井咲,岡田将生,小日向文世,松雪泰子,上川隆也,國村隼
原作・脚本 藤本有紀
朝ドラ 大河ドラマ キャストトップへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじトップへ
ドラマ先取り日記トップへ
ニュース何でもトップへ
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
平清盛  あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。