So-net無料ブログ作成
NHK 平清盛  あらすじ  ブログトップ

平清盛 18話 あらすじ 5月6日 [NHK 平清盛  あらすじ ]

NHK 平清盛 18話 あらすじ 「誕生、後白河帝」 2012年5月6日(日) 20時00分~20時45分

平清盛は、しっかり見ていないとわからなくなってしまいます。私が歴史にうといせいかと思っていたら、かなり
歴史にくわしい夫もついていくのが大変の様子です。

1154年、鳥羽院(三上博史)と得子・美福門院(松雪泰子)の御子である近衛天皇(北村匠海)の容態が悪化して朝廷は大きく揺れます。

近衛天皇が亡くなると、再び鳥羽院(三上博史)と崇徳院(井浦新)の権力争いが激化すると思われたからです。清盛(松山ケンイチ)は、何とか2人の仲を取り戻そうと奔走を始めます。

そしてついに、1155年近衛帝は17歳の若さで亡くなります。
鳥羽法皇は我が悪行の報いだと自らを責める一方、崇徳上皇は政界への復帰を画策、さらに摂関家や信西(阿部サダヲ)がお世継ぎをめぐり火花を散らすのです。

一方、後継者争いからはずれていた、亡き待賢門院・璋子(たまこ)(檀れい)の御子である雅仁親王(松田翔太)は、旅先で美しい歌声を持つ白拍子祗園女御(松田聖子)に出会います。

そして、決定した次の帝は、雅仁親王・後の後白河帝です。
祗園女御、今は乙前と名乗る白拍子はどんな役割をするのでしょうか。気になります。
後の後白河帝・雅仁親王役の松田翔太の作品↓↓

出演者
松山ケンイチ,中村梅雀,和久井映見,玉木宏,松田翔太,深田恭子,三上博史,松田聖子,山本耕史,阿部サダヲ,井浦新,青木崇高,小日向文世,松雪泰子,上川隆也,國村隼,
語り岡田将生 原作・脚本 藤本有紀
朝ドラ 大河ドラマ キャストトップへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじトップへ
ドラマ先取り日記トップへ
ニュース何でもトップへ


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
NHK 平清盛  あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。