So-net無料ブログ作成
大河ドラマ 平清盛  あらすじ  ブログトップ

平清盛 42話 10月28日 あらすじ [大河ドラマ 平清盛  あらすじ ]

NHK 大河ドラマ 平清盛 42話 あらすじ 「鹿ヶ谷の陰謀」2012年10月28日(日) 20時00分~20時45分

京の鹿ヶ谷山荘では、後白河院(松田翔太)が藤原成親(吉沢悠)・西光(加藤虎ノ介)たちとともに平家打倒の企てを着々と進めていました。

藤原成親(ふじわらなりちか)藤原家成の嫡男。 清盛の長男・重盛の妻の兄でありながら、清盛を二度裏切る。
一度目は平治の乱。二度目は後白河法皇と鹿ヶ谷の陰謀事件を起こす。

西光(さいこう)藤原家成の養子。信西に心酔し補佐する。平治の乱で信西が討たれると出家して西光と名乗る。その後、後白河上皇に拾われ、鹿ヶ谷の陰謀を起こす。

藤原家成(ふじわらいえなり)は、藤原摂関家とは別の新興貴族で、平清盛を取りたて、親交があった人物。


清盛(松山ケンイチ)はこの陰謀に危うく陥れられそうになるのですが、間一髪のところで多田行綱(野仲イサオ)から密告を受け助かるのです。

清盛は藤原成親と西光を捕らえるのですが、どうするのでしょうか。

一方伊豆では、平家側の山木に嫁ぐ直前に政子(杏)は頼朝(岡田将生)のもとに走り、「源氏の魂を忘れるな」
と説きます。
※頼朝を動かしたのは政子の愛情だったのでしょうか。それなら、政子が歴史を変えたと言えるのかも?

朝ドラ 大河ドラマ キャストへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじ トップページへ
ドラマ先取り日記へ
ニュース何でもへ

出演者:松山ケンイチ,松田翔太,深田恭子,森田剛,藤本隆宏,窪田正孝,加藤虎ノ介,吉沢悠,岡田将生,塚本高史,杏,松田聖子,宇梶剛士,遠藤憲一,上川隆也
原作・脚本脚本藤本有紀(出典NHKオンライン)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

平清盛 9月2日 34話 あらすじ [大河ドラマ 平清盛  あらすじ ]

NHK 大河ドラマ 平清盛 34話 「白河院の伝言」 2012年9月2日(日)

清盛(松山ケンイチ)は突然熱病に倒れます。
清盛が倒れたという情報は、多くの人々の心を揺るがすのです。

そんななか清盛は熱にうかされながら、夢の中で、実の父・白河法皇(伊東四朗)と実の母・舞子(吹石一恵)
に会います。
そして清盛は、父・白河に、父を越えてみせると語ります。

その清盛に対して白河法皇が何かを語りだします。
※なんと言うのでしょうね。楽しみです。

そして、そのころ伊豆では北条時政(遠藤憲一)の娘、政子(杏)が頼朝(岡田将生)と運命の出会いをします。

頼朝と政子の出会いが更なる歴史の変化を生みだすのです。

朝ドラ 大河ドラマ キャストトップへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじトップへ
ドラマ先取り日記トップへ
ニュース何でもトップへ

出演者:松山ケンイチ,松田翔太,深田恭子,森田剛,成海璃子,窪田正孝,岡田将生,塚本高史,杏,武井咲,吉沢悠,吹石一恵,松田聖子,遠藤憲一,宇梶剛士,上川隆也,伊東四朗
原作・脚本:藤本有紀(出典:Yahoo TVG)
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

平清盛 21話 あらすじ 5月27日 [大河ドラマ 平清盛  あらすじ ]

NHK 平清盛 21話 あらすじ 「保元の乱」2012年5月27日(日)

ついに保元の乱開戦。

後白河帝(松田翔太)対崇徳上皇(井浦新)に分かれた朝廷内争いは、平清盛(松山ケンイチ)と叔父忠正(豊原功補)、源義朝(玉木宏)と父為義(小日向文世)ら血縁の親子たちが骨肉の戦いとなり、平氏・源氏の武士集団を巻き込んで京の都を二分する争いになるのです。

さらに、強弓の使い手・源為朝(橋本さとし)の参入で、戦況の行方は後白河帝に有利になり、勝利します。
そして平清盛が目指した「武士の世」が到来するのです。

強弓の使い手・源為朝役・橋本さとしの作品はこちら↓↓

出演者:松山ケンイチ,中村梅雀,和久井映見,玉木宏,松田翔太,深田恭子,豊原功補,山本耕史,田中麗奈,阿部サダヲ,井浦新,加藤浩次,青木崇高,武井咲,小日向文世,松雪泰子,上川隆也,國村隼ほか
原作・脚本:藤本有紀
朝ドラ 大河ドラマ キャストトップへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじトップへ
ドラマ先取り日記トップへ
ニュース何でもトップへ
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
大河ドラマ 平清盛  あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。