So-net無料ブログ作成
NHK 平清盛 あらすじ ブログトップ

平清盛 23話 あらすじ 6月10日 [NHK 平清盛 あらすじ]

NHK 平清盛 23話 あらすじ 「叔父を斬(き)る」 2012年6月10日(日)

信西(阿部サダヲ)から「斬首(ざんしゅ)せよ」と、信じ難い沙汰を言い渡された平清盛(松山ケンイチ)と
源義朝(玉木宏)は、叔父・平忠正(豊原功補)と父・源為義(小日向文世)を守ろうと奔走するのですが、
今や時の権力者となった信西に逆らうことはできません。

清盛の叔父・忠正も、義朝の父・為義もそれぞれに、平氏と源氏の栄華のために、運命を受け入れ自分を切れと
命じます。

そうして、とうとう六条河原と船岡山での斬首の日を迎える清盛と義朝は、やむなくそれぞれの使命を果たすの
です。いくら仲が悪かったとしても、これはさぞ辛いことでしょう。

武士の世の到来には、あまりに大きな代償が必要だったのです。

これで、保元の乱編は完結しますが、まだこれでは終わらず平治の乱へと続きます。

★斬首(ざんしゅ)というのは、首を胴体から切り離すことで、切り離された人は即死しますが、斬首されたのち
もしばらくは意識があるとか、素早く斬首されるとほとんど痛みを感じず即死するなどという説もあるそうです。
(ウィキペディアより)

出演者:松山ケンイチ,中村梅雀,和久井映見,玉木宏,松田翔太,藤木直人,深田恭子,豊原功補,森田剛,成海璃子,藤本隆宏,阿部サダヲ,田中麗奈,加藤浩次,武井咲,小日向文世,松雪泰子,上川隆也ほか
原作・脚本:藤本有紀

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
NHK 平清盛 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。